消費者金融の法律ガイド



少額訴訟の準備は?


少額訴訟はどこに申し立てたらよいのでしょうか?

少額訴訟を申し立てる裁判所は、簡易裁判所になります。

なお、対象になる事件は、60万円以下の金銭の支払いを請求する事件になります。

少額訴訟の事前準備は?

少額訴訟は1回の期日で終わらせるので、事前の準備が不可欠です。

また、原則として、後から書面を提出することは認められていませんので、こちらの主張が裁判官によくわかるように、書面で要領よくまとめておくことが重要になってきます。

お金を貸した場合は?

貸金請求の場合には、事前に、借用書などの証拠書類のコピーを裁判所に提出しておく必要があります。

少額訴訟で訴えられたけれど、通常の訴訟を希望する場合は?

少額訴訟で訴えられた被告が、少額訴訟をではなく、通常の訴訟手続きを希望する場合には、最初の期日の一番始めに、通常手続きを希望する旨を述べておかなければなりません。

その場合には、通常の訴訟手続きに移行して争われることになります。


スポンサーリンク

お金を借りる際の注意点は?
お金を貸す側の注意点は?
破産の不利益
破産と個人再生
少額訴訟手続きの特徴
ヤミ金と公正証書
借金整理の方法
破産手続き中の資格制限
個人再生の債権者のメリット
少額訴訟の準備は?

Copyright (C) 2007-2012 消費者金融の法律ガイド All Rights Reserved