消費者金融の法律ガイド



お金を借りる際の注意点は?


返済能力を考えて借りるとは?

お金を借りる際に一番注意することは、自分の返済能力を考えて借りることです。

もし300万円借りたとしましょう。このとき利息はなくても毎月5万円ずつ5年間返済し続けなくてはなりません。

実際には、これに利息がつきますから返済額はもっと多くなります。

例えば、家族が病気など不意の出費があったら、毎月5万円以上の返済を継続していくのはとても大変なことです。

よって、収入に見合った借り入れというのが最も大切になります。

利息の安いところから借りるとは?

利息の安いところから借りるというのもとても重要です。例えば、300万円借りるとして考えてみます。

このとき、利率が年10%のところで借りた場合には、1年で30万円の利息になります。

他方、利率が年29.2%のところで借りた場合には、利息は1年で87万6千円にもなるのです。

よって、10日で利息が2割、3割となるヤミ金では絶対に借りてはいけないのです。


スポンサーリンク

お金を借りる際の注意点は?
お金を貸す側の注意点は?
破産の不利益
破産と個人再生
少額訴訟手続きの特徴
ヤミ金と公正証書
借金整理の方法
破産手続き中の資格制限
個人再生の債権者のメリット
少額訴訟の準備は?

Copyright (C) 2007-2012 消費者金融の法律ガイド All Rights Reserved