消費者金融の法律ガイド



返済の一覧表とは?


返済の一覧表をつくる

まず、自分の借金を客観的に把握するためにも、借金の返済をするときには、次の項目についての一覧表を作成してみましょう。

■どこからいくら借りたのか
■いくら残高があるのか
■その利息の金利はどれくらいか

返済の一覧表ができたら、月々いくら返済する必要があるのかを計算してみます。

毎月の収入の30%以下の返済であれば、まだ生活費に余裕があるはずです。

もし、借金の額が100万円で、毎月2万円ずつ返済しているのであれば、もっと返済額を増やしてみましょう。

そうすると、返済期間が短縮されるだけでなく、返済する額そのものもかなり減少するはずです。

ただし、返済はあくまでも収入の50%以下に抑えることがここでの重要なポイントです。

なぜ返済を50%以下に抑えるのですか?

返済が50%を超えるようですと、生活がかなり苦しくなると思います。

こうなってしまった場合には、法的整理も検討したほうがよいかもしれません。


スポンサーリンク

銀行系ローンの利用方法
銀行系ローンとブラックリスト
銀行系ローンの金利
借り入れと金利
多重債務を抱えている場合は?
多重債務者と銀行系ローン
個人信用情報機関
事業者ローンとは?
返済の一覧表とは?
借金をする順番は?

Copyright (C) 2007-2012 消費者金融の法律ガイド All Rights Reserved