消費者金融の法律ガイド



銀行系ローンの金利


銀行系ローンの金利は低いのですか?

一般的に、銀行系ローンの金利は、消費者金融よりも低くなっています。

消費者金融の金利が20〜27%なのに対して、銀行系ローンの金利は10〜18%といったところでしょうか。

銀行系ローンの金利はなぜ消費者金融よりも低いのですか?

銀行系ローンと消費者金融の金利の違いは、簡単にいうと顧客の貸し倒れ率※の違いによります。

つまり、消費者金融ではほとんどの顧客に貸し出しているのに対して、銀行系ローンでは、審査の時点で年収を証明する書類を提出してもらっていますが、これは、銀行系ローンでは顧客の返済能力を審査しているということです。

この結果、銀行ローンのほうが消費者金融よりも、貸し倒れ率を少なくすることができますので、その貸し倒れに充てる分を金利に反映されることができるのです。

お金を借りる場合には、このように金利の違いを把握してから融資先を検討しましょう。

少しの違いでも、毎月の返済額は異なってきますので、同じ銀行系ローンでも少しでも金利の低いところから申し込みたいところです。

※貸し出し資金が回収不能になる割合のことです。


スポンサーリンク

銀行系ローンの利用方法
銀行系ローンとブラックリスト
銀行系ローンの金利
借り入れと金利
多重債務を抱えている場合は?
多重債務者と銀行系ローン
個人信用情報機関
事業者ローンとは?
返済の一覧表とは?
借金をする順番は?

Copyright (C) 2007-2012 消費者金融の法律ガイド All Rights Reserved